Japan firms to stop insuring ships in all Russian waters

日本の保険会社3社は、ウクライナでの戦争により、ロシアのすべての水域での船舶への損害に対する保険を停止し、液化天然ガス(LNG)を含む日本のエネルギー輸入に影響を与える可能性がある、と日経新聞は土曜日に報じた。

東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン、三井住友海上は、金曜日に船主に彼らの決定について通知し始めた、とビジネスデイリーは報じた。

すべての最新ニュースについては、デイリー スターの Google ニュース チャンネルをフォローしてください。

3社にコメントを求める電話をかけたが、土曜日には返答がなかった。

同紙によると、保険会社の決定は、モスクワが10カ月前に開始した戦争に関連するリスクを取ることを再保険会社が拒否したことがきっかけだったという。

停止は、戦闘から遠く離れたロシアの極東の水域にさえ適用され、一部の企業にとってはそこへの輸送がリスクが高すぎる可能性があると述べた。

日経によると、ロシアのサハリン 2 ガスおよび石油プロジェクトからの日本の LNG 輸入は影響を受ける可能性がある。 ガスプロムと日本企業が一部所有するサハリン島の複合施設は、日本の LNG 輸入の 9% を占めているため、日本のエネルギー安全保障にとって不可欠です。

日本経済新聞によると、日本の保険会社 3 社は、クリスマス休暇後に再保険会社との再保険の交渉を開始する可能性が高いとのことです。

ほとんどすべての船舶は船舶保険に加入しており、ロシア水域に対する追加の補償がなければ、この地域は航行するには危険すぎると日経は述べた。

2月、ロンドンの海上保険市場は、黒海とアゾフ海周辺のウクライナとロシアの海域を、この地域で緊張が続いているためリスクが高いと見なされる地域のリストに追加しました。

Leave a Comment