Evaluation of quality of life in endometriosis patients before and after surgical treatment using the EHP30 questionnaire | BMC Women’s Health

  • Abrão MS、Petraglia F、Falcone T、Keckstein J、Osuga Y、Chapron C. 直腸 S 状結腸に浸潤する深部子宮内膜症: 管理の前に考慮すべき重要な要因。 Hum Reproduct の更新。 2015;21(3):329–39.

    記事 Google Scholar

  • Simoens S、Dunselman G、Dirksen C、Hummelshoj L、Bokor A、Brandes I、他。 子宮内膜症の負担:子宮内膜症を患い紹介センターで治療を受ける女性の費用と生活の質。 ハム再現。 2012;27(5):1292–9.

    記事 Google Scholar

  • Marinho MCP、Magalhaes TF、Fernandes LFC、Augusto KL、Brilhante AVM、Bezerra L. 子宮内膜症の女性の生活の質: 統合的レビュー。 J 女性の健康 (Larchmt)。 2018;27(3):399–408.

    記事 Google Scholar

  • Moradi M、Parker M、Sneddon A、Lopez V、Ellwood D. 子宮内膜症が女性の生活に与える影響: 定性的研究。 BMC 女性の健康。 2014;14:123。

    記事 Google Scholar

  • Lukic A、Di Properzio M、De Carlo S、Nobili F、Schimberni M、Bianchi P、他腹腔鏡治療前後の深い性交痛を伴う子宮内膜症患者の性生活の質。 アーチ婦人科医 Obstet。 2016;293(3):583–90.

    論文 CAS Google Scholar

  • Kennedy S、Bergqvist A、Chapron C、D’Hooghe T、Dunselman G、Greb R、他。 子宮内膜症の診断と治療のための ESHRE ガイドライン。 ハム再現。 2005;20(10):2698–704。

    記事 Google Scholar

  • Nnoaham KE、Hummelshoj L、Webster P、d’Hooghe T、de Cicco NF、de Cicco NC、他。 転載: 生活の質と仕事の生産性に対する子宮内膜症の影響: 10 カ国にわたる多施設研究。 肥沃な無菌。 2019;112(4 Suppl1):e137–52.

    記事 Google Scholar

  • Gallagher JS、DiVasta AD、Vitonis AF、Sarda V、Laufer MR、Missmer SA。 思春期の生活の質に対する子宮内膜症の影響。 Jアドレスクヘルス. 2018;63(6):766–72.

    記事 Google Scholar

  • ジョーンズ G、ジェンキンソン C、ケネディ S. 子宮内膜症の健康プロファイル アンケートの応答性の評価: EHP-30。 Qual Life Res. 2004;13(3):705–13.

    記事 Google Scholar

  • Jones G、Jenkinson C、Taylor N、Mills A、Kennedy S. 子宮内膜症の女性の生活の質の測定: データ品質のテスト、スコアの信頼性、応答率、および子宮内膜症の健康プロファイル アンケートのスケーリングの仮定。 ハム再現。 2006;21(10):2686–93.

    記事 Google Scholar

  • Valentin L、Canis M、Pouly JL、Lasnier C、Jaffeux P、Aublet-Cuvelier B、他最小限の子宮内膜症の腹腔鏡管理後の生活の質の改善を予測する SF-36 術前の関心。 J Gynecol Obstet Hum Reprod. 2017;46(2):137–42.

    論文 CAS Google Scholar

  • Dubernard G、Rouzier R、David-Montefiore E、Bazot M、Darai E.子宮内膜症の腹腔鏡下結腸直腸切除後の生活の質の改善を予測するための SF-36 アンケートの使用。 ハム再現。 2008;23(4):846–51.

    論文 CAS Google Scholar

  • フリードル F、リードル D、フェスラー S、ヴィルト L、ウォルター M、リヒター R、他。 生活の質、不安、うつ病に対する子宮内膜症の影響:オーストリアの視点。 アーチ婦人科医 Obstet。 2015;292(6):1393–9.

    論文 CAS Google Scholar

  • Jones G、Kennedy S、Barnard A、Wong J、Jenkinson C. 子宮内膜症の生活の質を測定するツールの開発: 子宮内膜症の健康プロファイル-30。 Obstet Gynecol。 2001;98(2):258–64.

    CAS Google Scholar

  • Jenkinson C、Kennedy S、Jones G. 米国版の 30 項目の子宮内膜症健康プロファイル (EHP-30) の評価。 Qual Life Res. 2008;17(9):1147–52.

    記事 Google Scholar

  • Khong SY、Lam A、Luscombe G. 30 項目の子宮内膜症の健康プロファイル (EHP-30) は、臨床試験の自己報告の健康状態の手段として適していますか? 肥沃な無菌。 2010;94:1928–32。

    記事 Google Scholar

  • van de Burgt TJ、Kluivers KB、Hendriks JC。 オランダの子宮内膜症の健康プロファイル 30 (EHP-30) アンケートの応答性。 Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol。 2013;168(1):92–4.

    記事 Google Scholar

  • Johnson NP、Hummelshoj L、Adamson GD、Keckstein J、Taylor HS、Abrao MSなど。 子宮内膜症の分類に関する世界子宮内膜症協会のコンセンサス。 ハム再現。 2017;32(2):315–24.

    記事 Google Scholar

  • Haas D、Shebl O、Shamiyeh A、Oppelt P. rASRM スコアと子宮内膜症のエンジアン分類: それらの長所と短所。 Acta Obstet Gynecol Scand。 2013;92(1):3–7.

    記事 Google Scholar

  • Mabrouk M、Montanari G、Guerrini M、Villa G、Solfrini S、Vicenzi C 他深部浸潤性子宮内膜症の腹腔鏡管理は生活の質を改善するか? 前向き研究。 健康生活の質の結果。 2011;9:98。

    記事 Google Scholar

  • ヒギンソン IJ、カー AJ。 生活の質の測定: 臨床現場での生活の質の測定の使用。 BMJ。 2001;322(7297):1297–300.

    論文 CAS Google Scholar

  • Jones G、Jenkinson C、Kennedy S. 短い形式の子宮内膜症健康プロファイル アンケートの開発: EHP-5。 Qual Life Res. 2004;13(3):695-704。

    記事 Google Scholar

  • Falcone T、Flyckt R.子宮内膜症の臨床管理。 Obstet Gynecol。 2018;131(3):557–71.

    記事 Google Scholar

  • Soliman AM、Coyne KS、Zaiser E、Castelli-Haley J、Fuldeore MJ。 米国の女性の健康関連の生活の質に対する子宮内膜症の症状の負担:横断研究。 J Psychosom Obstet Gynaecol。 2017;38(4):238–48.

    記事 Google Scholar

  • Perricos A, Wenzl R, Husslein H, Eiwegger T, Gstoettner M, Weinhaeusel A, et al. 「Proseek((R)) マルチプレックス オンコロジー I パネル」を腹腔液に使用すると、子宮内膜症、特に深部浸潤性子宮内膜症の病態生理学に対する洞察が深まりますか? J Clin Med. 2020;9(6):2009.

    記事 Google Scholar

  • Nogueira-Silva C、Costa P、Martins C、Barata S、Alho C、Calhaz-Jorge C、他ポルトガル語版の EHP-30 (子宮内膜症の健康プロファイル-30) の検証。 アクタメッド港。 2015;28(3):347–56.

    記事 Google Scholar

  • Leave a Comment