Emergency Department Length of Stay for Children with Mental Health Conditions Spikes

メンタルヘルスケアへの不十分なアクセスが救急部門に負担をかけている、と研究者は述べています。

新しい報告によると、メンタルヘルスに問題のある小児患者の場合、新型コロナウイルスのパンデミック中に救急部門での長期入院が大幅に増加しました。 研究論文.

パンデミックは 悪影響 育児の混乱や社会的孤立などの要因による子供の精神的健康への影響。 先月、American College of Emergency Physicians とその他 34 の医療機関が 警報を鳴らした 数日または数週間、精神疾患のある小児患者を含む、救急部門に入院する患者。

によって発表された新しい研究 Journal of the American College of Emergency Physicians オープンは、2020 年 1 月から 2021 年 12 月までに 29 州の 107 の救急部門で収集されたデータに基づいています。 この調査には、いくつかの重要なデータ ポイントがあります。

  • 救急部門では、入院時間が 12 時間を超える小児メンタルヘルスの訪問は、すべての小児メンタルヘルスの訪問の 20.9% を占めました。
  • 救急部門では、24 時間以上の入院期間を伴う小児メンタルヘルスの受診は、小児メンタルヘルスの受診全体の 7.3% を占めていました。
  • 救急部門では、12 時間以上の入院期間を伴う精神科以外の小児科受診は、小児科受診全体の 1.8% を占めていました。
  • 救急部門では、24 時間を超える入院期間を伴う精神科以外の小児科受診は、すべての小児科受診の 0.2% を占めました。
  • 2021 年 9 月には、精神疾患による小児救急外来の月間訪問数が 2,455 回に達しました。
  • 2021 年 11 月には、滞在時間が 6 時間を超える小児メンタルヘルスの月間訪問数が 975 でピークに達しました。
  • 救急部門では、入院期間が 24 時間を超える小児精神科の受診で最も一般的な診断は、自殺、自傷行為、抑うつ障害でした。

このデータは、パンデミックがヘルスケアに及ぼす悪影響の側面を示していると、研究の共著者は書いています。 「この 29 州の 107 の ED のサンプルでは、​​COVID-19 の到来以来、数か月で 24 時間以上の長時間の LOS での訪問数が 2 倍以上になりました。これらの調査結果は、緊急事態と精神保健システムがますます緊張していることを示しています。」

準備された声明の中で、研究の筆頭著者は、データは多くのコミュニティでメンタルヘルスケアへのアクセスの欠如を反映していると述べました.

「システム障害の悪化のサイクルが、最も脆弱な患者の多くのケアを妨げています。メンタルヘルスケアへの不十分なアクセスは、国の救急部門での長期滞在に寄与する要因の中で際立っています。緊急ケア以外の選択肢が少なすぎます。 VA Ann Arbor Healthcare System および University of Michigan Institute for Healthcare Policy and Innovation の全国臨床学者である Alexander Janke, MD, MHS は次のように述べています。

関連: 救急部門での患者の搭乗に関する警報

Christopher Cheney は、HealthLeaders のシニア クリニカル ケア エディターです。

.

Leave a Comment