Deadline for COVID-19 diagnostics, therapeutics waiver to be extended – EURACTIV.com

世界貿易機関 (WTO) の知的財産権の貿易関連の側面に関する評議会 (TRIPS) からの勧告は、WTO 加盟国に対し、COVID-19 の診断および治療法を免除するかどうかを決定する期限を無期限に延長するよう促しています。

決定の最初の締め切りは、2022 年 6 月 17 日の WTO 閣僚決定で設定された日付である土曜日 (12 月 17 日) であり、WTO メンバーはワクチンのみの TRIPS 免除に同意しました。

しかし、新しい文書では、TRIPS 理事会は、WTO の TRIPS 免除を拡大して COVID-19 の診断と治療も含めるかどうかの決定について、「一般理事会が期限を延長することを推奨します」。

これは、COVID-19 製品への公平な世界的アクセスの知的財産 (IP) の障壁の一部を緩和できるようにするために、その範囲には治療法と診断法も含める必要があると主張する運動家からの批判にもかかわらず発生しました。

ジュネーブに本拠を置く貿易担当者によると、最終的な勧告は米国大使によって提出された提案でした。 マリア・ペイガン. これは以前の草案レポートよりも大幅に短く、新しい締め切りが含まれていないため、延期は事実上無期限になります。

秋の間、TRIPS 理事会での交渉は、国の代表団がそれぞれの立場を支持したため、ほぼ完全に停止していました。

貿易担当者によると、木曜日(12月15日)の最初の締め切り前の最後の非公式TRIPS会議で、各国は潜在的な延長に関する議論がどのように行われたかを詳述した報告書に同意することさえできなかった.

交渉する別の日を与えられて、各国は最終的に金曜日(12月16日)遅くに期限の延期に合意し、この問題をWTO一般理事会に渡し、12月19日から20日の間に会合して勧告を承認した。

延期による「取り乱し」

先週、50 人の欧州議会議員が、EU 通商委員会の Valdis Dombrovskis と EU 貿易評議会に宛てた書簡に署名し、TRIPS の広範な免除への支持を表明しました。

グリーン MEP の Sara Matthieu 氏は手紙の発起人であり、延期が推奨された後、「この決定が再び延期されているという事実に本当に気が散っている」と EURACTIV に語った。

「とても残念です。 これは、検査や医薬品へのアクセスが不足しているために、さらに 1 年間、人々が死んでいくことを意味していると思います」とマチューは言いました。

「欧州の指導者と欧州委員会は、できるだけ早くより広範な免除を推進する必要があると本当に感じています。 そうしないと、良心に多くの人間的苦痛が及ぶと思います」と彼女は付け加えた.

People’s Vaccine Alliance の共同議長であり、Oxfam の不平等政策責任者である Max Lawson 氏も延期を批判した。

WTO が検査と治療に関する知的財産規則を選択した間に、1,700 万人もの人が死亡したと推定されています。 この問題を検討するためにもっと時間が必要だと言うのはまったくナンセンスだ」とローソン氏は述べ、「EUでさえ以前に検査と治療に関する行動を支持すると述べた」ことを強調した.

同時に、国際製薬団体連合会 (IFPMA) は、EUACTIV からコメントを求められた際、COVID-19 の治療法と診断法に関する TRIPS 免除を支持する証拠はないと主張する以前の立場を繰り返しました。

「代わりに、提案が採用された場合、COVID-19 治療薬と将来のパンデミックの現在のパイプラインに長期的な悪影響を与えることになります」と IFPMA は述べ、「これらの議論が続く間、進行中の不確実性は歓迎されません」と付け加えました。

IFPMA は、知的財産 (IP) に由来するインセンティブの重要性を強調しました
COVID-19のパンデミックと「将来の健康上の緊急事態」に迅速に対応するために重要であると彼らは言います。

IP ではなく、彼らは、世界的なアクセスの不平等に対処する上で「対処する必要がある実際の体系的なインフラストラクチャの問題がある」と述べ、「加盟国にこれらの貿易と健康関連の懸念に対処するよう促す」と述べています。

WTO 閣僚会議が TRIPS の放棄を批判にさらす

世界貿易機関 (WTO) の加盟国は金曜日 (6 月 17 日) に、知的財産権の貿易関連の側面に関する WTO 協定 (TRIPS) の特定の部分を放棄することで合意に達しましたが、この協定は製薬会社と米国の両方から批判されています。市民社会団体。

[Edited by Alice Taylor]

Leave a Comment