Michigan Medicine – University of Michigan – InsuranceNewsNet

しかし、メディケア・アドバンテージへの登録が拡大し、メディケアの対象となる 65 歳以上または障害のある成人のほぼ半数をカバーするようになったため、選択の機会は減少しました。

チームを率いたのは ブルース・ランドン、MD、MBA、 理学修士. の ハーバード メディカル スクールジョン・Z・アヤニアン、MD、MPP、ディレクター ミシガン大学インスティテュート 医療政策とイノベーションのための.

研究者はまた、心臓発作のケアと、入院中および退院後のケアに関連する転帰の他の側面にも注目しました。

ほとんどの場合、2018 年までに、詰まった血管を開く処置や手術を含む、心臓発作のケアのほとんどの側面について、2 つのタイプのメディケアの適用範囲の間に統計的に有意な差はありませんでした。 以前は、メディケア・アドバンテージ加入者は、これらのタイプのケアの割合が高かった.

いくつかの違いが持続しました。 たとえば、メディケア・アドバンテージの対象となる人々は、コレステロール低下薬や国のガイドラインに一致するその他の推奨薬を入手する可能性が依然として高かった. また、集中治療室に入院したり、退院後 30 日以内に再入院したりする可能性も低くなりました。

しかし、これらの措置における 2 種類のメディケアの補償範囲のギャップも 2009 年から 2018 年にかけて縮小しました。著者らは、これが生じた原因の一部は、2012 年に、従来のメディケアの補償対象となっている患者が退院後 30 日以内に再入院した場合に、病院が経済的に不利益を被り始めたことにあると推測しています。心臓発作を含むいくつかの状態。

2018 年のメディケア アドバンテージ参加者は、介護施設よりも病院から直接帰宅する傾向が依然として高かった. しかし、従来のメディケア参加者は、以前よりも病院から直接帰宅する可能性がはるかに高くなりました.

結果を計算する際に、研究者は、2 種類のメディケアに登録されている 2 つの集団間の人口統計学的および健康状態の違いを考慮に入れました。 ただし、メディケアアドバンテージプランの支払い率を設定する際に、メディケアがほとんどの人口統計学的要因を考慮することは許可されていないことに注意してください.

付随する論説では、3 ブラウン大学 研究者 – 元U-を含むMスクール 公衆衛生教員の アンディ・ライアン、博士号特定のメディケア アドバンテージ プラン間の違いを調査し、過払いを減らし、社会的および人口統計学的要因を考慮して、ケアの価値に焦点を当てることが重要になることに注意してください。

引用:

メディケア・アドバンテージ協会 vs 心臓発作患者の 30 日間の死亡率を伴う従来のメディケア、JAMA、doi:10.1001/jama.2022.20982

(私たちのレポートは、世界中の研究と発見の事実に基づくニュースをお届けします。)

Leave a Comment