Cancer cases, deaths have increased in country between 2020 and 2022: Govt

2020 年から 2022 年にかけて、ガンの推定症例数とそれによる死亡率が増加したと、マンスフ・マンダヴィヤ保健相は火曜日、公式データを引用してラージャ・サバに語った。

保健家族福祉省は、国家保健ミッション (NHM) の一環として、がん、糖尿病、心血管疾患、および脳卒中の予防と管理のための国家プログラム (NPCDCS) の下で、州および連邦直轄領に技術的および財政的支援を提供しています。州から受け取った提案であり、リソースエンベロープの対象となる、と彼は質問に答えて言った。

インド医学研究評議会 (ICMR) の全国がん登録プログラムによると、2020 年のインドのさまざまな州および連邦直轄領によるがん症例の推定発生率は 13,92,179 であり、2021 年および 14 年には 14,26,447 に増加しました。 2022 年には 61,427 人。

マンダビヤ氏によると、インドのがんによる推定死亡者数は 2020 年に 7,70,230 人で、2021 年には 7,89,202 人、2022 年には 8,08,558 人に増加した。

がんはNPCDCSの不可欠な部分であると大臣は述べ、このプログラムは、インフラストラクチャの強化、人材育成、健康増進とがん予防のための意識の向上、早期診断、管理、および治療のための適切なレベルの医療施設への紹介に焦点を当てていると付け加えました。がんを含む非感染性疾患 (NCDs)。

NPCDCS の下で、707 の地区 NCD クリニック、268 の地区デイケア センター、および 5,541 のコミュニティ ヘルス センター NCD クリニックが設立されました。

一般的なNCDs、すなわち糖尿病、高血圧、一般的な癌の予防、管理、スクリーニングのための人口ベースのイニシアチブは、NHMの下で、また包括的なプライマリヘルスケアの一部として、国で展開されている、とMandaviyaは述べた.

このイニシアチブでは、30 歳以上の人が、口腔がん、乳がん、子宮頸がんの 3 つの一般的ながんのスクリーニングの対象となります。 これらの一般的な癌のスクリーニングは、Ayushman Bharat Health and Wellness Centres の下でのサービス提供の不可欠な部分です。

コミュニティ レベルでのウェルネス活動と的を絞ったコミュニケーションの促進により、Ayushman Bharat Health Wellness Center スキームを通じて、包括的なプライマリ ヘルスケアの下で、がんの予防面が強化されます。

がんに関する一般の意識を高め、健康的なライフスタイルを促進するためのその他のイニシアチブには、全国がん啓発デーと世界がんデーの観察、継続的な地域社会の意識向上のための印刷物、電子、ソーシャル メディアの使用が含まれます。

さらに、健康的な食事は、インド食品安全基準局 (FSSAI) を通じても推進されています。 Fit India運動は青少年スポーツ省によって実施され、さまざまなヨガ関連の活動はAYUSH省によって実施されている、と大臣は返信で述べた.

さらに、NPCDCS は NHM の下で、州の UT がプログラム実施計画に従って行う癌の啓発活動に対して財政的支援を提供します。

中央政府は、がんの三次治療のための施設を強化するために、三次がん治療センター施設強化計画を実施しています。 19 の州立がん研究所 (SCI) と 20 の三次がん治療センター (TCCC) がこのスキームの下で承認されています。 これらのSCIとTCCCのうち7つが完了したと彼は言いました。

新しい AIIMS や Pradhan Mantri Swasthya Suraksha Yojna (PMSSY) の下で多くのアップグレードされた機関の場合、さまざまな側面で腫瘍学にも焦点が当てられています。

ジャジャール(ハリヤナ州)に国立がん研究所を設立し、コルカタにあるチッタランジャン国立がん研究所の第 2 キャンパスもこの方向への一歩です。 これらすべてが、この国でがんを治療する能力を高めている、と彼は述べた。

(このレポートの見出しと写真のみ、Business Standard のスタッフによって修正された可能性があります。残りのコンテンツはシンジケート フィードから自動生成されます。)

.

Leave a Comment