Japan CEO aims for healthy, happy society by drawing from business leaders’ dialogue






Artisan Group の岸信久 CEO 2022年2月20日(毎日新聞/森忠彦)

東京 — 東京に本拠を置く Artisan Group の最高経営責任者である岸信久氏は、20 年間にわたり、日本のビジネス リーダー間のオープンな対話を促進してきました。その目的は、彼らの洞察を使用してローカルな、そして同時にグローバルな社会問題に取り組むことです。 今年、彼は健康意識のトピックに専念し、それが幸せな人生につながると信じています。

Artisan の CEO として、岸は、グローバル経営に携わる日本のビジネス リーダーが社会問題に取り組むための知識を共有するための専用フォーラムである First Monday を主催しています。 このフォーラムは 25 年前にさかのぼり、当時ウォール ストリート ジャーナルのインターンだった岸は、日本の政治的または経済的指導者による米国への訪問が決してニュースの見出しにならなかったことに失望し、戸惑いました。 行天豊雄元財務官(国際担当)にこの見解を述べたところ、「言葉の問題ではなく、メッセージを伝えるバックボーンが足りないからだ」と言われた。

以来、第一水曜日を通じて日本企業の強みを発掘し、世界に発信する活動を続けている。 実際に国内外のトップ企業が同様の理念を持っており、対話や連携を通じて社会課題に生産的に取り組むことができることを知りました。 しかし、「日本企業は自己完結型のアプローチを取りがちで、社会全体の課題解決には役立たない」ことにも気付きました。

岸が解決したい社会課題の一つは、日本の高齢化社会です。 内閣府の2022年度年次報告によると、現在、65歳以上の人口は約1億2600万人の日本の総人口の28.9%を占めています。 高齢化社会は世界的にも直面する課題です。 2020 年には、世界人口の 9.3% が 65 歳以上でした。 2060 年までに、この数値は 17.8% に達すると予想されています。

一方、厚生労働省の統計によると、2021 年度の日本の医療費は合計で約 44.2 兆円 (約 3,230 億ドル) でした。 岸は、高齢者が病気を発症した後に反応するのではなく、個人の健康意識を促進することが費用対効果が高く、生活の質の向上にもつながると考えています.

彼は高齢の家族の世話をした経験がありますが、ほとんどの人は、自分自身または身近な人が病気になるまで、自分の健康を管理したり、投資したりしないと感じています. 厚労省が委託した2014年の調査によると、20歳から39歳までの人々は、65歳以上の人口統計と比較して、食生活やその他の健康面に注意を払うことが一般的ではない. さらに、健康志向の回答者の 42.5% は、自分自身または愛する人が病気になった後に自分の健康に感謝するようになったと答えており、常に健康に気を配っていると答えた 23% のほぼ 2 倍です。

岸のもう 1 つの懸念は、多くの人が生涯を通じて 1 つまたは少数のコミュニティにしか属さないため、特に COVID-19 のパンデミックの中で、高齢になると孤立する傾向があることです。 この見解は、日本、米国、ドイツ、スウェーデンでそれぞれ1,000人以上の参加者を対象とした2020年度の国際比較研究の内閣府の統計によって裏付けられています。 隣人との交流については、「病気のときは助け合う」と答えた日本人は5%にとどまり、4か国の中で最も低い。 日本はまた、家族以外に問題について話し合う親しい友人がいない人の割合が最も高かった。

このように、岸は新たな試みとして、ファースト・ウェンズデーの20周年に当たる4月に統合ヘルスケア・イニシアチブを立ち上げ、日本の高齢化社会の健康関連の社会問題に取り組むために、リーダーが自分の組織の枠組みの外で考えることを奨励しました.






丸井グループチーフ ウェルビーイング オフィサーの小島玲子氏は、10 月 20 日に東京で開催された統合ヘルスケア イニシアチブのセッションで講演を行います。 2022年2月20日(毎日/竹市ちなみ)

このイニシアチブは、ゲストスピーカーが主導する一連のインタラクティブなセッションであり、リーダーが健康関連のトピックに関する知識を共有できます。 食品、製薬、介護、小売、医療機器、健康関連など、さまざまな企業が参加しています。 その他、国内外の研究機関、医療機関、メディア等からのメンバーが参加しました。 これまでに招待されたゲスト スピーカーには、食文化の専門家、元厚生省職員、ネスレ ニュートリションの元グローバル CEO が含まれます。

10 月の第 4 回セッションのゲスト スピーカーは、同社の医師であり、小売大手の丸井グループ株式会社のチーフ ウェルビーイング オフィサー (CWO) である小島礼子氏でした。 約20名の参加者を前に、「健康とは?」という問いかけから講演が始まりました。 味の素(株)のスローガンである「よく食べ、よく生きる」などの反響を呼んだ。 ――円卓討論で笑いを誘う。 小島氏は、多くのビジネスパーソンは、特に過去から、「健康」を病気がないことと同一視する傾向がありましたが、現代では、「完全な身体の状態、 1946 年の憲法で世界保健機関によって定義されているように、”精神的” および社会的幸福” と定義されています。

企業医として、彼女は健康リスクのある従業員が仕事が忙しくて健康診断を受けられないという彼女のアドバイスを無視した行動の欠如に不満を感じていた.

長年の試行錯誤の末、「リスクを提示するだけでは個人の行動を変えることはできない」と気付きました。 彼女は、「幸福への鍵の 1 つは、個人が行動し、自分で選択したいと思うようにすることです」と述べました。

その一例として、丸井グループが10年以上にわたり取り組んできた、プロジェクト計画や健康に関する取り組みなど、さまざまな会社の会議に従業員が出席するために前に出なければならないシステムを導入したことを紹介しました。 参加者は、自発的に「挙手」し、参加したい理由を述べたエッセイを提出した人の中から選ばれます。 個人の氏名や身分を明かさずに審査を行うため、メンバーは新人も含めて老若男女問わず採用されています。

会議で出されたアイデアは、3 月に東京・新宿のマルイ百貨店で開催された「ウェルビーイング ヴィレッジ」など、行動に移されています。 女性の不妊治療や月経周期をサポートする「フェムテック」(女性の技術)に関連する製品やサービスを紹介しました。 これらの社内会議への参加は任意ですが、過去 10 年間で、82% の従業員が何らかの方法でこのシステムを使用して「挙手」したことがあるそうです。

岸は丸井グループの事例が、個人の健康意識を高めるヒントになると考えている。 「高齢化社会で健康を確保するためには、早期に意識を高め、行動を変えていく必要がある。小島さんの取り組みは、人々に自分で健康を維持することの意義に気づき、楽しんでもらうための挑戦に応用できる」と毎日新聞に語った。 .” .” 「企業が従業員のウェルビーイングを促進する取り組みは、社会全体の健康問題の解決に貢献すると思います」と彼は付け加えました。

その後の質疑応答セッションでは、多くの幹部がマルイの斬新な試みを称賛し、同様のアプローチを取ることを検討すると述べました。 一方で、懐疑的で、健康と利益の関係を示す具体的なデータを要求する人もいました。

質疑応答は最初の講義とほぼ同じくらい続きました。 これは、異議を唱えない従来の会議ではなく、リーダーが率直に真剣に話すことができるプラットフォームを作りたいという岸の願いと一致していました。 「リーダーが互いに刺激し合い、個人としての力を高め、それがそれぞれの会社の成長、ひいては社会全体の成長につながるというサイクルを作ることを目指しています。」

今後数年間で、岸は統合医療イニシアチブの会議で得たノウハウを使用して、イニシアチブのメンバー企業、病院、地方自治体と協力して、住民に健康サービスを提供する日本のコミュニティのハブを作成する予定です。 そんな「年をとればとるほど幸せになれる」コミュニティを世界中に広げたいという夢もある。

「日本の伝統文化である発酵食品が免疫力を高めるなど、日本は健康先進国。海外でも健康志向が高まる日本の強みを伝えたい」と話した。 CEOは、より健康な世界のために、日本国内および日本からメッセージを広めることに引き続き野心的です.

(毎日新聞記者 竹市ちなみ)

.

Leave a Comment